債務整理 相談.net

借金問題解決 借りたものは何がなんでも

「借りたものは返さなければならない」のは当然です。
しかし、日本社会で言われると常にニュアンスとして
何が何でもというものが当然加わります。

そうすると客観的に返済することが出来なくなっても返さなければならないと思い込んでしまい、無理に返すために返済資金を借金でまかなうという悪循環を生み出してしまいます。

「借りたものは返さなければならない」という言葉は、「合意の契約は履行すべき」という世界共通の原則を貸金契約に当てはめたものです。

でもこの原則には、「何が何でも」というニュアンスは含まれません。

通常の契約の不履行が発生した場合は、不履行を前提とした次の手続きに移るだけです。

つまり借金が返済できなくなったら、借金を返済するためのいくつかの手続きに移るだけです。

 

ある弁護士は著書でこの当たり前なことが日本では浸透していなくて自殺、夜逃げ、果ては刑務所行きという悲劇を生んでいると書いていました。

 

もし貴方が今、借金の返済が出来ないと悩んでいるなら、

・返済のための借金をしない

・弁護士、司法書士などの専門家に相談する。

この2つを必ず実行してください。

 

借金問題 返済のための借金

多重債務に陥るのは、「してはいけない借金」をした場合に発生します。

なぜなら自力で返せない以上、借金の返済資金として借金をしなければならなくなる可能性が極めて高くなるからです。

これが繰り返されて多重債務に陥ります。

借りた金には金利が付きます。
多重債務に陥る人は、その場しのぎになるので、借りた金に金利が付いて、どんどん自分の首を絞めていきます。

借金地獄は人間の歴史の中で常に叫び声をあげています。

でも、いまは救済処置があります。
ラジオCMでお金を借りる勇気があるのに、弁護士に相談する勇気がないのですか?つまり弁護士に相談する方がはるかに自分のためなのに、
それをしないで借金を繰り返す人がいます。

借りる行為の100倍以上気持ちが晴れるために
弁護士にご相談をしてください。